\ \ 【超お勧め!】2022年4月最新の好条件案件はこちら/ /

リゾートバイトは1人で行くのが8割!コミュ障でも大丈夫!

こんにちは。博士です(‘ω’)ノ

リゾートバイト始めてなんだけど、一人でも大丈夫????

はい。大丈夫です。

っていうか、8割くらいの人が1人です。



今回はそういった、「一人でリゾバ行くとどういう感じなのか?

「友達やパートナーとリゾバはできるのか?」について解説していきます!




どっちがおすすめ??

はい、一人の方が良いです。
人によるけどね。(‘ω’)ノ

というのも、彼氏彼女や友達とリゾバに行っても、同じシフトで働けるとは限らないんですよね。

なので休みの日もバラバラ、仕事の時間もバラバラ。。というのも珍しくありません。
よーく考えましょー。


また、寮が相部屋の可能性も出てきます。

別に友達だから、カップルだからいいよー とは言っても、途中喧嘩したら大変ですよね。

これに関しては個室の寮を選べばいいだけの話なんですけどね。

派遣会社時給特徴


リゾバ.com

平均的な時給が多め
業界最大手◎

案件数が一番多いので、
レア案件探すなら〇
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: main_logo.jpg
アルファリゾート

仲居なら最低1350円~
割と平均的
女性向けに特化

着物を着ての接客したい人◎

リゾートバイト.net

激レアな超高時給が偶にある
割と平均的
厳選されたホワイト求人が多い
激レアな案件もあり、
リゾバで後悔したくないならここ

リゾートバイト.com

リゾバ経験者が利用するのはここ
一番時給が高い
正直ここしか選ばない
業界最高の時給なので
おすすめを聞かれたらここ
目次

一人で行く人のほうが多い

引用:ヒューマニック

こちらはリゾバ派遣会社が掲載しているデータですが、リゾバに来る人の殆どは一人なんですね。

学生に関しては複数人が多いですが、リゾバ自体学生さんって少ないです。

引用:ヒューマニック

年齢に関しても左のグラフの対象の人のほうが多いので、博士自身の経験からも一人の人が8割というのは合っています。

ほとんどの人は一人で来ているんだね。

1人で行くメリット、デメリット

軽く一人でいくメリットを挙げてみます。

一人で行くメリット

メリット
  • 身軽に過ごせる
  • どんな案件でも行ける
  • 一人で来ている人が多いので、親しみやすい
デメリット
  • 知らない土地で一人なので、寂しい。
  • 馴染めなかった時に孤独になる。

経験的にはこんな感じです。

一応複数人で行くメリットもあるので合わせてあげておくと,

複数人で行くメリット

メリット
  •  知り合いと一緒なので、寂しくない
  • あんまりおもいつかん。。。
デメリット
  • 問題が起きたときに一緒にいらざるを得ない。
  • 1人しか受け入れない案件もある。
  • シフトや休みがバラバラの可能性がある。

こんな感じです(‘ω’)ノ

単純に一人のほうが、辞めたいときに辞めれるし、気楽でいいんですよね。



寂しい。。。って思っていても、正直1週間で慣れます。

だってみんな一人で来てるんですからね笑

実際に1人で行った時の体験談。

博士が最初一人でリゾバに行った時の体験ですが、

最初18歳の時に高野山の宿坊に行きました。

到着するときに、自分と似たような感じの人がもう一人いて一緒に案内されましたが、その人は自分と同じく1人でリゾバに来た人でした。

私は接客業。 もう一人の方は調理補助に入りました。

働く場所が違っていたので、同期のリゾバ仲間・・・という感じになる事は無く、
仲よくなるどころか、その人は期間を早めて辞めていきました。。

調理人さんも頑固な人で、人間関係が合わなかったようです。

接客の方が人が多い分、人間関係も深くなりすぎる必要がなく良かったのかと思います。

その時に働く部署が大事なんだなぁ と感じましたね(/ω\)

当ブログで何度も言っている事ですね

それから、調理人は頑固な人が多いです笑

ほかの所もいきましたけど、割合高めなので注意してください笑

【注意!】こういうリゾバは行かない方が良い!

こちらの記事でも詳しく解説しているのですが、

選ばないほうが良い案件の特徴は以下です。

デメリット
  • 1人or人数の少ない部署
  • 規模の小さい民宿など
  • アクセスが不便すぎる場所。

他の記事でより詳しく書いてるので簡潔に説明しますね

1人or人数の少ない部署

上記に書いた辞めていったリゾバ仲間と同じように、

働く人数が少ないと、それだけ人間関係が濃くなります

これって気の合う人だったら最高ですけど、逆に合わない人とだったら中々キツいですよね。。

逆に人数が多いところであれば、それだけいろんな人が居るので気の合う人も見つかりやすいです。

働く人数が多いところを選びましょう

規模の小さい民宿など

これも上記と同じ理由ですが、少し違います。

地方の小さな民宿や旅館になると、すでに働いているメンバーが地元の人たちの可能性が高いです。


「手が足りないから、よそから一人だけ募集する。」という場所も珍しくありません。

その際、すでに出来上がっている和に新参者が入れるか?? という課題にぶち当たります。

コミュ力に自信がない人こそ、大規模なリゾバを選ぶのをお勧めします。

アクセスが不便すぎる場所。

リゾバの醍醐味って普段人が行かないリゾート地にずっと住める 

という事だと思うんですが、住んでると 飽きます

じゃあどこか遊びに行けばいいじゃん


いいえ。簡単には行きません。 なんせリゾートですから、アクセスは悪いわけです。


市街地に遊びに行こうと持ったら電車賃で2000円かかる。。。なんてのもザラです笑


駅まで行くためにバスに乗れば更にかかりますし、離島であれば、レンタカーなども必要になります。。。

北海道で時給が1500円の案件がありましたが、離島に隔離されてるような環境でした。。。

その分時給が高い というのをしっかり理解しておきましょう

まとめ

という事で今回は

一人でリゾバに行くのは全然問題がない

という事と一緒に、注意すべきリゾバの案件について紹介しました。

より詳しく案件選びのコツを知りたい方はほかの記事も是非参考にしてください♪

では、閲覧ありがとうございました。

またね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる