\ \ 【超お勧め!】2022年4月最新の好条件案件はこちら/ /

リゾバの案件の選び方!注意するポイントまとめ

こんにちは。博士です(‘ω’)

今回はリゾバの案件の 間違わない選び方 を紹介します

というのも、実際に赴任すると思ってたのと違う((´;ω;`))なんて事もあるので
予備知識を持って失敗するリスクを減らしましょう!

たとえば、、

  • 確かにリゾート地で何もないけど、何も無さ過ぎて退屈!
  • 寮が汚い。。
  • バスが1時間に1本しかない、、、だと、、、
  • リゾバ仲間が誰もいない。。
こんなはずでは。。。。。

こんな事態になります笑

リゾバって華やかなイメージがありますが、選び方を間違えるとただの
田舎で稼ぐだけ になるので、これから数か月働くのも考慮してしっかり選びましょう

そのしっかり選ぶための追加知識として今回の記事を役立ててください♪

この記事を書いてる人

博士&助手(嫁)

博士の研究所の中の人

どうも、博士です。過去のリゾートバイト、期間工の経験から
一番お勧めのリゾバ案件、選び方など
これから始めてリゾバする人向けに記事を書いています

これからリゾバをする人が有意義に過ごせる為に
お得な情報を沢山まとめているので、是非参考にしてください

目次

リゾバの選び方

まず選ぶ要素として、挙げられるのが

  • 時給
  • 寮の綺麗さ
  • 勤務時間
  • 通勤時間
  • 生活環境
  • 食事
  • 職場環境

以上ですが、一つ一つ注意する必要がありますので、
順番に解説していきますね

派遣会社をちゃんと決める

時給に関しては、案件と違う という事は無いので(もしあったら詐欺ですね笑)

案件の通りで考えていて良いのですが、

同じ職場でも派遣会社によって時給が違う

という事態が起こり得ます。

同じ職場で働いているメンバーの間で
時給に差があるのは嫌ですよね

月に200時間働くと考えると、
時給100円違うと 2万円差が出てしまします

私が働いていた時でも、リゾバ仲間は時給が200円低かった 事があったので
数か月働くのを見越して派遣会社は慎重に選びましょう!

どこの派遣会社が良いかに関してはこちらで解説しているので、参考にしてください

まぁ結論を言っておくと、グッドマンサービス(リゾートバイト.com)が一番時給が高いです
博士が案件を調べるならまずはここからですね。

経験者は殆どここから探すと思われます

寮の選び方

寮はかなりピンキリなので、予め集められる情報は集めておきましょう

数か月暮らすわけですから、綺麗な部屋の方が良いですよね

独房みたいな部屋もあるから注意だね

寮の写真付きの案件を選ぶ

かなり大事な要素ですが、これは画像が掲載されている所を選びましょう

派遣会社はマイナスになる情報は載せないので、
綺麗だったら乗せるけど、そうじゃないと載せません。

つまり載せてないor綺麗と記載がない所は汚い可能性があり得ます

写真付きを選びましょう

相部屋はリスクは避ける

また、相部屋だったりワンルームだったりと
寮にも種類は有りますが、相部屋は避けましょう

プライベート感が無く、相性の悪い人とだったら苦痛になります

初めての人が選ぶものではないね

一部共有のワンルーム、若しくはワンルームが理想ですが
一部共有の方が仲間と打ち解けやすいメリットがあります

そこはお好みで選びましょう

通勤手段

以外と見落としがちなのですが、寮からの距離がとても大切です

というのも、リゾートバイトって中抜け勤務なんですね

こんな感じ、朝からが終わって夕方の勤務まで 5,6時間空いてるのが普通にあります

これは旅館などチェックアウト~チェックインまでの時間ですので
どこでも同じ形になります

つまり、寮から職場まで一日2往復する という事なんですね。

仮に職場まで10分だとしても、一日1時間程度は通勤に時間がかかると考えておきましょう

通勤時間はとても大切だね

寮から職場への通勤時間を見る

このように、詳細欄に書いている勤務時間を確実にチェックしましょう

上記の詳細から読み取れるのは

  • ワンルーム個室という事なので、近くのアパートを借り上げている
  • シャトルバスという事で、出発時間が決まっている
  • 残業などをしたらバスを待つ必要がある

といった具合ですね。

一日で通勤に1時間かかるだろうなぁと思うので

博士なら絶対に選びません

バス、電車通勤は絶対にお勧めしない


正直、バス、電車通勤は絶対にお勧めしません

バスの時間をまったり、バス停まで歩いて行ったり、
通勤の時間束縛されます。

徒歩3分以内の案件を選びましょう

因みに、勤務時間に関しては ワクトリ アルファリゾート が詳しく書いているので
初心者には親切でお勧めです

グッドマン(リゾートバイト.com)とヒューマニック(リゾバ.com)は書いてない事が多いので、
電話で自分で確認しましょう

休日に食事が出る場合も考える

休日も食事の補助が出る 所だと
休日もわざわざ職場に行かないといけません。

弁当だったり、ご飯を食べる為だけに10分の通勤は嫌ですからね

そこも考えおきましょう♪

通勤時間は超大切だねー

生活環境を見る

リゾート地という事で、のんびりできる自然豊かな場所が多いです

裏を返せば 周りになんもない んですよね。

必要なアイテムを買うためにバスで30分かけてDaisoに行く 
なんて事にもなり得ません。

実際博士が体験したのは三重県の離島で 島にはコンビニの半分の半分サイズの商店が一つ

あとはスナックと居酒屋が一つの小さな島でした

流石になんも無さ杉やろ、、

島から出る為に船に乗るのですが、渡るのに200円

船着き場から バスも自転車も無く 山道を40分歩いて市街って場所でした。

今思い出すと中々凄いですね笑


食事は弁当が支給されたので、島で生活する分には問題は無いのですが、
休日出かけたり買い物に行ったり というのが出来ませんでした。

車を持ってるリゾバ仲間に乗せて貰ったりはしましたけどね。

職場、寮をグーグルマップで見てみる

そういった事にならないためにグーグルマップであらかじめ
寮や職場の環境を調べておくのをお勧めします。

詳細な住所などは掲載されていませんが
凡その勤務地と寮は判断できます

調べておきましょう

その他チェックするポイント

  • 想像以上の僻地ではないか
  • 寮からの交通手段(自転車貸出し)があるか
  • 徒歩圏内に商店はあるか

この3点は確実に押さえておきましょう。

今はAmazonがあるので、特別困る事は少ないですが、

離島になると送料が高くなる

事も忘れずに、案件は探しましょう。

また、リゾバで買いそろえるもの、事前に持って行く物はこちらをご覧ください

食事手当はどうか

リゾバの醍醐味である 食費無料 ですが、これも注意が必要です

食費の補助に関して3種類ありますが、

  • 数百円の食費補助
  • シェフが作る
  • 弁当支給

このうちの一番の当たりはシェフの賄い です
一番おいしくて ハズレがありません

弁当はやめておけ

その点、弁当に関しては ハズレも多く お勧めしません
離島にもなると、配達まで時間がかかるので、夏の日は中身が腐りかけなんてことも、、

三重県の離島の時は 夏場の弁当 大根から糸が引いてました。 全部捨てました。。

ここの職場大丈夫かいな!!

リゾート地になる程、弁当はやめておくべきです笑

休日も食事は出るか

休日も食事補助があるに越したことは無いですよね

食費無料 と書いていても休日は出ない という事もあるので
そこもチェックしておきましょう


休日にご飯を出してくれる所は、職場の環境としても
当たり な所が多いので、一つの目安にもなります♪

ただ、弁当ではないかはチェックしましょう笑
休日も出るけど、弁当。。というのは個人的には無くても良いかなと。

職場環境を見る

職場環境は超大切ですよね。

働く人との関係で長く続けたいか決まるわけですから

初心者さんが一番注意して貰いたいのが
超ブラックなリゾバ案件です

派遣会社を通していけば、問題が起きる事は殆どありませんが、
それでも中にはブラックな案件があります

押したら開きます

個人経営はやめておく

上記のブラック労働に共通しているのですが、
個人経営の民宿などが人を募集しているケースです

基本的に一人とか二人の少人数なので、リゾバ仲間もいませんし
田舎の一人親方なので、当たり外れが大きいです

当たりだったら仲良く楽しいリゾバが遅れると思いますが
外れたときが酷いので、絶対に避けるべきです。絶対に

行くとしても、派遣会社の担当者にちゃんと確認を重ねるか
以前いった人がいる案件にしましょう。

個人経営の宿は絶対にやめた方が良いね

満了率高め を狙う

本当におすすめの案件というのは、このように派遣会社もプッシュしています

満了率100%だとか、途中退職0と書いているところは職場環境がある程度保証されているので
初めての方がリゾバをするには最適です!

口コミでホテルの評判を調べる

あとは、職場の口コミを見ておきましょう

お客さんへの態度より スタッフへの当たりが良い 所は存在しません

マイナス評価を付けられているような所は職場環境も悪いので辞めておきましょう

お客さんからの印象は大事だねー

募集人数が多い所を狙う

ある程度規模のある職場の方がリゾバ仲間も多く楽しいです

先ほど記載した個人経営のブラックに当たる可能性もあるので、
派遣会社から5,6人は働いている所を狙いましょう。

募集人数に記載されている数とは違うので、
電話での確認をお勧めします

まとめ

以上で、案件を探す際に見るべきポイントについてお話ししました。

個人的に案件を探すなら、どこを見ているのかを詳しく解説したので
これからリゾバする!という方には参考になるんじゃないかなと、勝手に思ってます

また、リゾバへの持ち物、お勧めの派遣会社はこちらの記事で解説しているので、
出発前にどうぞお役立てくださいな

それから、筆者自身が 実際に行くならどこにするかという案件を探して

毎月更新している個人的に超おすすめの案件を紹介しているので

リアルタイムにリゾバを探している人は
どうぞこちらの記事もご覧ください。

以上!

ここらで、終わります

ほな、またた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる